2016年の4月から本格的に一般家庭でも導入されることになる電力自由化ですが、ここでもっとも興味深いのが、電力会社を自由に選べることで電気料金を安く抑えられるだけでなく、電気とは全く関係ない事業者が参入してくることです。
この会社がなんで電気に?と思うような会社が参入してくるとなると、どんなサービスを提供してくれるのかという興味がわいてきます。
電気料金を下げることだけが目的ではなくて、電気料金に生活で必要なサービスを絡めることによって、より活発な経済活動が期待できるという考え方から来ているようです。
その点で言えば家計負担のうち、増加の一途をたどっている通信費を抑えるために効果的と思われる、参入の意向を示している携帯電話会社は面白いと思います。
いずれはすべてスマートフォンに切り替わる時代が来るでしょうから、ガラケーを使っている人には通信料アップという負担が待ち構えています。
それを電力自由化と絡めれば、電気料金そのものはこれまでとそう変わりなくても、通信費を大幅にカットできたということも起こりえます。
それだけでもかなり魅力的な選択先ですが、さらにもっと珍しい所、お得な所が出てこないか、期待がもたれます。
http://denryoku-jiyuka.net/