交通事故によって機能障害が残り治療費や生活費のサポートが必要となったとき、後遺障害に認定されると賠償金などが支払われるため、非常に役に立つことでしょう。
しかし認定内容が適正でないこともあり、年間1000人以上の方が異議申立を行っているのが現状です。
異議申立は誰もができる制度となっていますから、認定内容に疑問を感じたら迷わず申請するべきでしょう。
しかし、申請したからといって必ずしも等級が変更されるわけではありませんし、等級が変更されたからといって必ずしも賠償金が大幅に増額するわけではないのです。

異議申立によって等級が変更されるには、書面上だけの内容で説得させる必要があります。
どのように等級が適正でないのか、前回どんな検査が不足しているから身体状況を的確に伝えられなかったのか等、こまかく分析する必要があります。
さらに新たな診断書の作成では医師への助言、陳述書の作成など知識のない個人が行うにはハードルの高いものとなるでしょう。
内容が的確でないと等級を変更することは難しくなります。
そんなときにおすすめなのが、異議申立サポートドットコムです。
こちらのサイトでは異議申立に必要な知識が満載です。
さらに無料診断ができるため、自分が適正な等級なのかも調べることができますから、ぜひ利用してみてください。